お知らせ

Information

2021.10.15おたより2021年10月号

10月のおたより(社内報)を紹介します。

ヒヤリハット事例

  9月のヒヤリハット事例の一文を紹介します。
  右折二車線から右折する場合、隣の車両が前方に割り込み、接触事故を起こす危険が
  あります。右折時は周囲の車両の動きに十分注意し、危険予知運転を心がけましょう。
   【事例】片側二車線の左側を走行中、T字路交差点で右折しようとしたとき、右側の
       車両が急に自車の前に割り込み、ぶつかりそうになった。
       →右折二車線の場合、右折時は隣の車両が割り込んでくるかもしれないことを
        想定し、徐行しながら進行、できるだけ間隔をあけて走行しましょう。
       

コンプライアンス違反事例
  あなたは日常業務の中で、会社や社会のルールを守っていますか?
  次の身近な違反事例を参考に、考えてみましょう。
   【事例】5店舗分の出荷準備のため、種類の違う類似商品を検品していた
        〇 商品名・数量だけでなく、納品先店舗を間違えないよう注意して検品した
        × リストの商品名を数量だけに注意して検品した
       対応のポイント
        
多数店舗分を検品する場合、誤納品を防ぐため納品先のチェックもしっかり行ってください。
        二重チェックまたは二人でチェックするなどチェック漏れを防ぐためのルールを確認しましょう。

≪今月の情報・お知らせ≫
  今回は、日々の仕事で大切な報・連・相の行い方について記載しています。
  報・連・相は報告・連絡・相談の頭文字をとったもので、働くうえで基本となるコミュニケーションの
  合言葉としてよく使われる言葉です。
  大事なポイントは報告=タイミング、連絡=正確な情報、相談=情報の整理です。
  上手に報・連・相を行い、周囲とコミュケーションを取りながら仕事を円滑に進めていきましょう。


ページの先頭へ戻る