お知らせ

Information

2020.06.15おたより6月号

6月のおたより(社内報)を紹介します。

ヒヤリハット事例

  5月のヒヤリハット事例の一文を紹介します。
  複数車線の道路を走るときは、前後左右あらゆる方向から車が接近してきます。
  普段から適切な車間距離をとり、常に周囲の状況確認を怠らないようにしましょう。
   【事例】四車線でタンクローリーの後方を走行中、急にタンクローリーの前を4t車が
       割り込んできた。タンクローリーが慌ててブレーキをかけたため、
       危うく追突しそうになりヒヤリとした。
       → 複数の車線を走行していると、強引な割り込みをする車両はよく見受けられます。
         車間距離を多めにとり、いつでもブレーキをかけられるよう注意しましょう。


コンプライアンス違反事例
  あなたは日常業務の中で、会社や社会のルールを守っていますか?
  次の身近な違反事例を参考に、考えてみましょう。
   【事例】配送店舗へ冷凍品と常温品の温度帯別に納品があった。
        〇 納品前に温度帯を確認し、冷凍庫と常温庫を間違えないよう注意して納品した。
        × 時間がなかったため納品前に温度帯を確認せず、納品場所の温度帯を間違えた。
       対応のポイント
        食品を扱う物流のプロとして、温度帯の誤納品はあってはならないことです。
        常に
納品時ルールを順守し、確認を怠らないようにしましょう。


≪今月の情報・お知らせ≫
    今回は、新型コロナウィルスの感染予防対策について記載しています。
  緊急事態宣言が解除された後も、私たちの身の回りにウィルスは確実に存在します。
  気を緩めた途端、一気に感染が広がっていく…これがウィルスの怖いところです。
  一人ひとりが日常のあらゆる場面でウィルスへの警戒を怠らないよう、
  改めて感染を予防する対策を見直し、しっかり実施しましょう。


ページの先頭へ戻る